おせち

おせちについて(意味)

御節料理の基本は、お屠蘇、祝い肴三種(三つ肴)、雑煮、煮しめ。
地方により、三つ肴、雑煮、煮しめの内容は異なります。

一般的には、御節料理とは、献立すべてを指すのではなく、重箱詰めされた料理のみを指す。重箱に詰める理由は、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだものです。

それぞれの料理は、酢に漬けたり味を濃くしたり、火を通したり干したりするなど、日持ちする物が多くなっています。これは、火の神「荒神」を怒らせないため、正月に台所で火を使うことを避けるという平安時代後期からの風習から由来しており、正月には台所仕事をしないということから。実際は、女性を正月位は休ませるためという意味合いもあります。

おせちに入るお料理
紅白蒲鉾、伊達巻、錦玉子、栗きんとん、黒豆、昆布巻、田作り、数の子、菊花かぶ、小肌粟漬、えび、お多福豆、紅白なます、ごぼう、するめ

焼き魚としては、地方によってさまざまですが、鰤、鯛、海老、鰻を入れるところがあります。

>>ディズニーおせち予約受付はこちらから

 

サイトマップ